徐毛は少なからず、肌を傷つける?

徐毛は少なからず、肌を傷つける?

徐毛といえば、「剃る」か「抜く」かという事になるでしょう。どんな方法であれ、徐毛は肌の一部を傷つけるもので、トラブルを起こしやすいものです。

でも、どうしても、毛のほうにばかり目がいって、肌へのダメージを忘れてしまいがちです。

肌への刺激を考えると、抜くよりも剃るほうがおすすめですが、いずれにしても、基本をしっかり守って少しでも肌への負担を和らげるようにしましょう。

剃る場合は、電気カミソリか、またはT字型などの安全カミソリを使うことになるでしょう。どちらを使うかは自分の肌質に合わせて選びます。

電気カミソリは深剃りできることが特徴です。ただし、毛を引きこんでカットするため、毛穴が鳥肌状にボツボツしている人は、肌が傷つく事もあります。

一方、安全カミソリは自分で手加減しながら剃れることがメリットです。ただし、肌の表面もそぎ取ってしまうため、肌が乾燥してかゆくなる事があります。

抜毛は、剃って処理したときとは違い、見た目やもちのよさが特徴になります。しかし、毛根から毛を抜くということは、毛根にある毛母細胞という皮膚の一部を

引きちぎるという事なので、痛みをともないます。目に見えないかもしれませんが、毛穴の奥では流血もしています。

また、傷ついたところから毛穴の中にいる菌が進入し、毛囊炎やそれによる色素沈着、埋没毛などのトラブルを起こすことも考えられます。

抜毛方法のそれぞれの特徴を理解したうで、肌に合うかどうか見極めて行うことが大切です。



当サイトの人気ランキング

レーザー機械を用いたシワ治療とは?
毛穴ケアの注意は、脂漏性皮膚炎です。
コラーゲンペプチドは、低分子化した方が効果が?
思春期にきびの洗顔料は微アルカリ性を選ぶ?
洗顔料の泡立て方のポイントはぬるま湯?
生酵素サプリメントの口コミで効果がある人気商品は?
イラスト(写真)デコレーションケーキの通販・宅配ならピクトケーキ、最短2日!
こむら返りの対策と解消に「ふくらはぎウォーマー」
心理カウンセラーの資格費用
大人の習い事・趣味から資格取得、個人レッスンの「Cyta.jp」
ネイル資格検定の取り方
咲水ジェル(スイゼンジノリ)化粧品の口コミと購入!
ツバキオイルエッセンスネイルケアローズの口コミ!
ダッフィー・シェリーメイ高額買い取り!





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト管理者